サーバ監視って何をするの?

laptop-work-1148958_1280

当社の「サバカン」は、今までECサイトなどのウェブサービスを運営しながらも、「サーバ」という存在を深く考えず、その重要性を認識していなかった方を対象に、サーバのことをもっと知ってもらい、その役割の重要性を認識してもらうためにリリースしました。

今回はそのサーバをどのように監視するのか簡単にご紹介します。各社が提供するサービス内容によって若干の違いがありますが、一般的には以下5つの監視業務を行ないます。

  1. サーバが停止していないか監視する

  2. サーバにアクセスできる状態であるか監視する

  3. セキュリティに問題がないか監視する

  4. サービスが要求通りの動作をしているか監視する

  5. パフォーマンスに問題がないか監視する

基本的にはサーバそのものが正常通り稼働しているかどうか確認する監視と、正常にサーバにアクセスできているのかどうかネットワークの稼動状態を監視する業務があります。まずこの2つが正常通り稼働しているかどうかを確認します。

そして最近よくニュースでも取り上げられるセキュリティの問題。プログラム上の不具合や設計ミスがあったら、そこを突かれて外部から何らかの攻撃を受ける可能性があります。そこを事前に確認し、場合によっては再設計する必要があります。

あとはパフォーマンスの問題です。例えばネットショッピングでクレジットカード決済をしたのに、正常に決済できない状態であったら利用者は困りますし、店舗の信用もガタ落ちです。また、マラソン大会のエントリー開始時間にウェブサイトにアクセスしたのに全く繋がらず、繋がったと思ったら既に締め切られていたとか。

abstract-1231855_1280

ざっくりまとめると、「サーバそのものがちゃんと動いているかどうか」という監視と、「サーバが要求通りの働きをちゃんとしているかどうか」監視する業務の二つがあります。要求通りの働きを監視するには、そのサーバ上でどんなウェブサービスを運営するのか知る必要がありますし、セールやキャンペーンなどスポットのイベントなども事前に把握しておく必要があります。

サーバ監視はただパソコンの前に座って画面を眺めるだけではありません。日頃からのお客さまとのコミュニケーションを大切にして情報共有しておくことが重要です。